よくあるご質問

カテゴリから探す

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

文字サイズ
No
1151
公開日時
2020/03/04 19:27

ジュニアNISAとはどのような制度ですか?

 ジュニアNISAは、銀行や証券会社などの金融機関で、日本国内にお住まいの0歳から19歳までの未成年者専用のジュニアNISA口座を開設し、上場株式や公募株式投資信託等を購入すると、20.315%(復興特別所得税を含む)で課税される配当金や売買益等が非課税となる2016年1月からスタートした制度です。
 非課税投資枠は毎年80万円までで、非課税期間は投資をした年から最長5年間です。原則として法定代理人(親権者等)が運用管理者として未成年者のために運用を行います。
 ジュニアNISA口座の口座開設可能期間は、2016年4月1日から2023年12月末までです。2023年に投資した場合、非課税期間は2027年までとなりますが、20歳になるまで(※1)は、継続管理勘定(※2)にて非課税での保有が可能です。2024年以降、ジュニアNISA口座において新たな買付けは行うことができません。
 また、原則として18歳までは払出しが制限されます(※3)。

※1 1月1日時点で20歳である年の前年12月31日まで
※2 2024年以降利用可能になる移管(ロールオーバー)専用の非課税枠
※3 3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで。

なお、2024年以降は払出制限期間中に払出しを行う場合であっても、過去に非課税で支払われた分配金や過去に非課税とされた譲渡益は、非課税扱いとなります。

この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask