• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 968
  • 公開日時 : 2019/05/07 07:45
  • 印刷

投資信託を保有している間に送付される書類にはどんなものがありますか?

カテゴリー : 

回答

投資信託のお取引きをしていただいているお客さまには、様々な書類が送付されます。代表的なものは以下のものになります。

<代表的な送付書類>

書類名 内容・目的 発送時期
取引報告書 購入・換金・スイッチングのご注文が成立したことをお知らせするもの

約定日(基準価額が確定し、注文口数が確定した日)の翌営業日

(ただし、投資信託自動積立において、都度発送はいたしません)
取引残高報告書 お取引明細とお預り残高を定期的にお知らせするもの 3か月に1度
(ただし、前回の報告書作成時以降に購入・積立・分配金再投資もしくは分配金受取りがなく、残高を保有している場合には、前回の報告書作成時以降1年ごとに発送)
投資信託収益分配金のご案内 収益の分配が行われた場合に、お受け取り分配金額や、再投資の明細をお知らせするもの 決算日の翌営業日
特定口座年間取引報告書 特定口座を開設した居住者等の年間の譲渡損益等を集計し、お客さまに報告するもの 毎年1月(特定口座を開設しているすべてのお客さまへ送付)
運用報告書 運用の経過や実績などを確認できるもの 決算日の1~2か月後(ファンドによって異なり、年に1回または2回の頻度)

※ 各書類名をクリックすると、それぞれの報告書の解説ページをご覧いただけます。

関連ページ:運用報告書がわかる
      各種報告書が分かる

アンケート:ご意見をお聞かせください